美容の為の出張マッサージにはまる

Beauty

私のコスメ事情

お風呂に入る女性

私はとにかくコスメが大好きです。初めてメイクをしたのは高校生になった頃。童顔な顔立なので、少しでも大人っぽく見せたいと思ったのが、メイクを始めたきっかけでした。
まず、目が丸くあまり横幅がないので、アイラインは私の中で必須!目じりの幅から少しはみ出して最後は跳ね上げて書く技は、この頃からやってました。目幅を広げるだけで、かなり大人っぽい印象に出来ます。そして、少しでも目を大きく見せる為にライン目を囲んでますが、リキットライナーだけで囲んでしまうとキツい印象になってしまうので、私は目の下のラインはブラウンのペンシルタイプで書くようにしています。少し優しい印象にする事ができます。まつ毛に関しては、私の学生時代の頃はつけまつ毛やまつ毛エクステなどはメジャーではなかったので、当時はマスカラを3度くらい重ね塗りしてましたが、今はつけまつ毛を利用しています。つけまつ毛の付け方も、目幅よりすこし目尻にはみ出すように付けて、目幅を広く見せる工夫をしています。ある雑誌で、“メイクは、アイメイクで8割印象が決まる”と拝見しましたが、私のメイクはまさにそうです。記載させていただいた方法でアイメイクが完成すると、スッピンとはかなり違う印象に仕上げることが出来ます。時代の変化で、コスメ事情もどんどん良くなり、整形なんてしなくても、整形級のメイクが出来る時代になりました。これからも日々自分の顔を研究し、より自然に年齢にあった整形級メイクが出来るよう努力していきたいと思います。